MENU

返済が難しくなってきたらおまとめローンを検討してみよう

複数社から借金をしている場合、しっかりした返済プランを立てていても管理の難しさなどから返済が大変になってくることがあります。

 

人によっては何とか立て直すこともできるかもしれませんが、状況そのものは変わらないため、経済的にも精神的にも負担は軽減されません。

 

返済の負担を減らす手段として有効なのがおまとめローンです。

 

おまとめローンとは、複数ある借金を一本化して借り換えるローン商品のことです。

 

返済と管理の負担が軽減され、完済までの時間を短縮することが可能になります。また、総量規制の対象にならないため、合計借入金額が年収の3分の1以上になっていても借り入れ可能です。

 

複数ある返済の負担を少しでも軽くしたい、管理を簡単にしたい、できるだけ早く完済したいと考えている方はおまとめローンの利用を検討してみると良いでしょう。

 

早速申し込もう!でもその前に・・・

管理が楽になり、返済の負担も減り、総量規制の対象にもならない。これだけ利便性があるなら、すぐにでも申し込もうと思うかもしれません。しかし安易に申し込むことはあまりおすすめしません。

 

おまとめローンは、その性質上どうしても高額融資になりやすく、借入件数などの兼ね合いから、審査が厳しく行なわれるからです。そのため、自分がおまとめローンを問題なく利用できる状況にあるかどうかを確認する必要があります。

 

ブラック状態ではない

おまとめローンに限らず、カードローンやキャッシングやクレジットカードの審査でも、ブラック状態では審査に通ることはほぼないでしょう。そのため、返済や分割での支払いなどでトラブルを起こさないよう、細心の注意を払う必要があります。また、短期間に3件以上申し込むと申込ブラックという状態になり、3カ月ほど申し込みができなくなります。

 

どこでもいいから手当たり次第に申し込むのではなく、よく吟味しつつ、審査に通れるように準備する必要があります。ブラック状態になっていないか確認したいなら、個人信用情報機関で情報を開示してもらうことができます。

 

返済の延滞をしていない

ブラック状態にはなってはいなくても、返済の延滞をしたことがあるとマイナス評価になります。1度くらいであれば、すぐに審査に落とされるということはありませんが、やはり印象は悪くなります。そのため、おまとめローン審査に通るまではできるだけそういった履歴が残らないように、現在の借金を返済をして行かなければなりません。

 

借入件数は3件以下である

借入件数が3件以上あると新規の借り入れが難しくなるように、おまとめローンの審査でも悪い方向に大きく影響します。最悪の場合は融資を断られることもあるので、3件以内に収まるよう、現在の状態でいくつか完済しなくてはなりません。

 

ただ、おまとめローンは今ある借金を全てまとめる必要はないため、まとめたいものを選ぶことで対処できることもあります。そうすることで、まとめたものとまとめなかったものとで平行して返済することも可能になります。それでも、申し込む前に契約数を減らしておいたほうが無難でしょう。

 

おまとめローンであることを確かめる

おまとめローンは銀行でも消費者金融でも提供されており、わりとどこででも利用することが可能です。しかし中にはおまとめローンではなく、おまとめとしても利用できるカードローンやキャッシングなども存在しています。

 

おまとめローンとおまとめ可能な商品との違いは、限度額や金利などです。おまとめローンの場合、限度額が高めで金利は通常よりも低く設定されています。

 

しかしカードローンやキャッシングでまとめてしまうと通常の金利が設定されてしまいます。

 

つまり、負担があまり軽くならないのです。

 

おまとめ可能なカードローンやキャッシングではなく、おまとめローンに申し込みましょう。

 

利用するならどこがいい?

おまとめローンを提供しているところは多く、どこでまとめれば良いのかわからないということもあるでしょう。

 

選ぶときの必須条件は金利が今よりも引き下げられることです。金利が引き下げられなければ、まとめても負担が減るどころか増えてしまい、まとめた意味がなくなってしまいます。

 

 

また、金利以外にも限度額の大きさや返済方式など、考慮すべきことは多くあります。

 

おまとめローンの基本的な特徴

おまとめローンは、総量規制の例外とされる「利用者が一方的に有利になる貸し付け」であるため、消費者金融で提供されていても総量規制の対象外となります。消費者金融でも銀行と同様に、年収の3分の1以上の融資を受けることができます。

 

申し込む場合は、電話か直接窓口に行かなくてはならない場合が多く、インターネットでの申し込みはあまり受け付けていません。また、審査にも時間がかかるため、即日融資されることはほぼありません。

 

特に注意が必要なのは、おまとめローンは返済専用のローンであるということです。引き出して別の物に利用するといったことはできず、他社で新規に借り入れようものなら契約違反として一括返済を求められます。おまとめローンの利用にはさまざまな制限があるということを良く理解しておかなければなりません。

 

消費者金融おまとめローンの特徴

消費者金融のおまとめローンは、金利があまり引き下げられないことが多くあります。最高金利も通常のキャッシングと同じか少し下回る程度なうえ、最高融資限度額もあまり大きくはありません。また、まとめられるのは消費者金融とクレジットカードで借り入れた分のみで、銀行の借り入れは対象外となっています。

 

元金で最低返済金額が変わるスライドリボルビング方式を採用しているところなどは、毎月の返済額は減ったように見えても総額ではかなりの額になってしまったり、返済期間が延びたりすることがあるので逆に負担が増す場合があります。ただ、消費者金融は銀行に比べると審査時間が短めで、若干審査に通りやすい傾向にあります。

 

銀行おまとめローンの特徴

おまとめローンは、元々銀行が提供し始めたローン商品であるため、基本的には銀行で申し込むほうがより効果的な場合が多いでしょう。金利は低くく、最高融資限度額は1000万円に達するものもあります。カードローンやキャッシングなどの使用使途自由なものであれば、大抵はまとめることができます。

 

返済方式は、スライドリボルビング方式を採用しているところもあれば、定額返済方式を採用しているところもあります。定額返済方式は、月々の返済額は多くなるものの、返済総額を減らせるというメリットがあります。

 

銀行で申し込む場合の問題点は、審査に時間がかかることと審査が厳しいという点です。金利の低さや限度額の大きさなどから、どうしても慎重に審査しなければならないのです。銀行によっては審査に通るまで数カ月かかることもあるため、その間返済などでトラブルを起こさないよう注意する必要があります。

 

おまとめ可能なカードローンやキャッシングの特徴

おまとめ目的での借り入れであるため、これも総量規制の対象外となります。ただし、金利と限度額に関してはあまり期待できません。審査は比較的通りやすく、即日融資も可能な場合があります。

 

また、おまとめローンと違い返済のみの利用ではないため、ある程度返済したらお金が引きおろせるようになります。おまとめローンと比べると比較的自由に使うことができる印象がありますが、さらに借金が増える危険性もはらんでいます。