MENU

間違えると苦しくなる、おまとめローンの落とし穴

管理や返済の負担が軽減できるおまとめローンは、正しく使えば非常に便利ですが、誤った使い方をしてしまうと大きなトラブルの元となります。金利があまり低くならないといったこともあれば、再度多重債務に陥ったり、闇金や悪徳業者にだまされたりするケースも少なくありません。

 

おまとめローンを効果的に利用するためにも、問題となる使い方や行動は避ける必要があります。

 

金利を比較せずに決める

金利が低くくなればそれでいいと考えて適当に決めてしまうと、負担が減るどころが逆に増えてしまうことがあります。

 

金融会社同士で金利の比較をするもの大事ですが、それ以上に今ある借金の金利との比較も必要になります。おまとめ後の金利より低いものが1つでもあると、全体的には減っているように見えてもやはりその分は損をしていることになります。

 

また、返済実績がしっかりしていても、多重債務者であることに変わりはないため、貸し倒れのリスクが高いと判断されて上限金利を適用されやすい傾向があります。最高金利が今の金利よりも確実に低くなるところを選んで、全体的に金利が引き下げられるようにしましょう。

 

返済期間を長引かせてしまう

人はどうしても楽なほうへと行ってしまいがちです。おまとめローンの返済は、バランスの取れた返済金額に、余裕があるときには追加返済を行なうことが望ましいのですが、最少返済金額だけで返済していく方も少なくありません。

 

確かに、そのほうが生活への負担は少ないように感じるかもしれません。しかしそのような返済の仕方ではなかなか借金が減らず、完済の目処も立ちにくいのでストレスになります。加えて、返済総額も増えてしまい、経済的な負担が増えることになります。できるだけ早く完済できるように、しっかりとした返済プランを立てましょう

 

全てを返済に回さない

おまとめローンは、返済専用となっているのでお金を引き出して利用するということはできません。また、新規借入もできないため、万が一のことが起こっても自分で何とかしなくてはならないのです。

 

そのため、自由にできるお金を全て返済にまわすのは得策ではありません。貯蓄するくらいなら返済に回したほうが良いと考える方もいるかもしれませんが、あまりにリスクが高いので、おすすめはできません。

 

再び多重債務に苦しむ可能性がある

借金を全てまとめていない場合、残った借金はそのまま利用することができます。大部分をまとめた気の緩みから、残っている借り入れを際限なく使ってしまうケースも少なくなく、結果的に借金が膨れ上がり苦しい思いをすることになるのです。

 

また、残っている借金が複数ある場合、そこから再び多重債務を抱えることになってしまうこともあります。

 

おまとめローンは、借金をなくす効果はありません。ただバラバラだったものを1つにまとめるだけです。そのことを忘れずに、自制心と緊張感を持って返済して行きましょう。