MENU

おまとめローンで解決できなければ債務整理を検討しよう

おまとめローンで一本化しても完済できそうにないという場合、債務整理を検討してみましょう。

 

借金自体は返済していく必要はありますが、おまとめローン以上に負担を減らすことができます。

 

個人が行なえる主な債務整理は、任意整理、民事再生、自己破産の3つがあります。その中でも、自己破産は借金自体をなくすことができます。それぞれの特徴を知り、自分にあった方法を選びましょう。

 

任意整理

任意整理とは、将来利息や遅延損害金を完全になくし、元金だけを返済していく方法です。

 

利息負担はなくなりますが、その代わり3年以内に借金を完済しなければなりません。そのため、返済能力が十分にある状態でないと利用することはできません。

 

自力でも手続きはできますが、弁護士や司法書士に依頼するケースがほとんどです。裁判所を通さないため、弁護士と金融会社との交渉で借金の減額や見直しを行ないます。

 

その際、過払い金の手続きも行なわれるため、元金の減額も可能な場合があります。ただし、交渉がうまくいかず、和解が成立しないこともあります。民事再生や自己破産のように官報に載ることはありませんが、ブラック情報として個人信用情報機関に約5年間記録されます。

 

民事再生

民事再生とは、財産を維持した状態で、借金を最高5分の1まで減らして返済していく方法です。

 

任意整理と同じく3年以内に完済しなければなりません。5000万円以下の借金を抱えており、将来的に返済不可能になる可能性がある方が利用できます。返済はしていくので安定した収入は必須です。また、住宅ローンだけは民事再生の対象にならないので、減額することはできません。

 

手続きは債務整理の中で最も複雑であるため、かなりの時間と手間そして費用がかかります。民事再生後はブラック情報が約5年から10年は記録されます。官報にも名前、住所、電話番号が掲載されますが、一般の方が見る可能性は低いので、周りにバレるということはあまりないでしょう。

 

自己破産

自己破産は、返済する目処が全くない方が借金を全額免除してもらうための方法です。

 

借金が全てなくなるので、気持ちが楽になり、収入も全て生活費として利用できるので、生活を立て直すことができます。ただし、借金をギャンブルや過度の浪費、ゲームアプリの課金などに利用していた場合は自己破産することができません。持ち家や車、現在価格が20万円を超える高価な財産は没収されてしまいますが、生活必需品は残してもらうことができます。

 

また、住居が賃貸であった場合、個人の財産ではないため引き続きそこに住むことができます。手続き中は一部資格が剥奪されるため特定の職業に就くことができず、旅行なども制限されます。自己破産も、5年から10年ほどはブラック情報が残り、官報にも個人情報が掲載されます。